fantastic house

手入れを心掛ける

Individual house

普段からお手入れを心掛けよう

排水溝がつまってしまうと配管洗浄剤の使用したり、場合によっては業者に依頼したりしなければなりませんが、普段のお手入れには家にあるものや環境に優しいものを使用するのが一番です。排水溝の洗浄には、重曹とクエン酸がピッタリです。台所の場合はクエン酸の代わりにお酢を使用してもよいでしょう。方法も簡単で、排水溝に重曹とクエン酸を混ぜた物をまくか、重曹に半分の量のお酢をかけしばらく放置してぬるま湯で流します。普段の掃除に取り入れ、排水管のつまりを防いでいきましょう。

排水溝のつまりの原因

排水溝のつまりの原因は、場所によって変わります。お風呂のつまりの原因は、皮脂や垢などの弱酸性の汚れと、石鹸カスや湯垢などのアルカリ性の汚れです。そのため、前述した重曹とクエン酸という両方の性質のものを混ぜ合わせることで効果が発揮されるのです。中には、シャンプーのふたや子供のおもちゃがうっかり入ってしまっていたり、髪の毛が大量につまってしまっていたりすることもあります。水があふれてしまって少しずつでも減らない場合はこういった物理的なつまりが考えられますので、その場合は業者に依頼しましょう。台所のつまりは、主に油汚れです。揚げ物の時の油だけでなく、普段の食器についている油汚れでも蓄積するとつまりの原因になります。古くなって固まってしまう前に、重曹とお酢でお手入れしましょう。重曹やクエン酸、お酢はスーパーなどで安く手に入れられ、排水溝以外の掃除にも活用することができます。最近ではお家にすでにあるご家庭も多いかと思いますので、家にあるもので気軽にお手入れしていきましょう。